津市久居賃貸マンション 4



当館案内    当館は3DKタイプ家族向き賃貸で総戸数 12戸


公道からの進入正面風景   街灯つきの進入私道を約60M進んで正面の建物
建物に向かうのが ちょっと見で 西欧の宮殿風で のマンション50M進入路

当館の南西側
〇年〇月〇日

当館の南東側
〇年〇月〇日

当館は居住側は南面 屋根付きバルコニーで壁面はALC 
    道路からは見えないのですが南面は本当に西欧の宮殿風


堅牢な建築物になっています。元住宅関係の仕事をしていました
私がいうので間違いないです。伊勢平野で心配な地震と津波の心配
が無用の住居です。

重量鉄骨建てで 断熱遮音性の高いALC発泡コンクリート壁
〇年〇月〇日

一階二階の天井は 鉄板敷きの上に コンクリート床 です
〇年〇月〇日

建物の骨格はさすがに重量鉄骨建築物で建築新築時と何ら変わらない状態を保持しています。

建築の仕事をしていましたので正直に申しますとね、この建物は 木造アパートや軽量鉄骨アパートに比べれば 防音遮音 格段に優れていますし、外壁などの断熱効果の良さはもう比較できぬほど優れています。ご安心ください。

津など伊勢平野の場合津波で町が消えた歴史もあるのですが、(安濃津地震を調べればいい)久居のような高台ですとそうしたご心配はいりませんよ。

津市
平野部は実は1500年頃の阿野津地震から 200年ほども誰も住まない町だったのです。